Skip to content

PowerEdge SC440

4月 20, 2007
by

PE SC440が届いた。
DualCore Intel Xeon 3050 (2.13GHz, 2MB L2 Cache, 1066MHz FSB); 2GB (2x1GB) DDR2/533MHz SDRAM DIMM ECC; 109 Japanese Keyboard (USB); x48 IDE CD-ROM, 80GB (7,200rpm) SATA HDD (x2 ad4,5 non-RAID)
マウス、OS、FDは無しの最小構成。

早速FreeBSD6.2Rを入れることに。以下覚え書き
Fdisk: ad4だけ全部割り当てる。ad5は後でソフトウェアRAIDで
Disklabel:

  1. ad4s1a / 2048MB UFS2
  2. ad4s1b swap 4096MB SWAP
  3. ad4s1d /var 2048MB UFS2+S
  4. ad4s1e /home 10240MB UFS2+S
  5. ad4s1f /tmp 1024MB UFS2+S
  6. ad4s1g /usr 568377MB UFS+S

Distribution: Custom>base+kernels(SMP)+man+proflibs+src(all)+ports+local
Installation Media: FTP>Japan #4
となって、IPとか諸々を入れて気づいた。en0が無い!!!

オンボードのgbNICは認識されないらしい。今から適当なNICを買ってこなければなりません。最近、こんなんばっかり。とりあえず、今日はもうどうしようもないのでKさんから提供されたOSXを入れてみるか、KNOPPIXを動かしてみる、と。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。