Skip to content

What’s so funny ‘bout windowsXP

4月 30, 2007
by

先週末からPE440SCと一緒に来たDELLのノートPCを動かそうとしているのだけれど、どうにも酷い。WiFiを動かそうとして3時間。マカフィーとかいう代物を設定するのに1時間。windowsそのものをアップデートするのに30分くらい。googledesktopだなんだと切り離したり、アピアランスをclassicとかいうW2K風にしてFireFoxを入れ、VirtualPCを入れ、VirtualPCの上にFreeBSD6.2Rを入れデフラグをかけてという感じでやっと一息。
ところが、実際のところ、VPC上のFreeBSDはすんなりまともに走る代物ではなかった。
ws000002.jpgまず、ブートすると必ず”calcru: negative runtime of -66976 usec for pid 420 (sh)”というエラーが出る。数値は変わるけど必ず出る。コリャなんじゃとググって見ると、
QandA 435にそのまんまがあって、かなり致命的っぽい。MLとか検索してみたらVMWareやVPCのようなエミュではガイシュツでした。
setenv変数をいじって誤魔化しているロシア人もいるようですが、やはりエミュでBSDを動かしてサバのパイロットをという計画は撤退するしかないか。
しかし、久しぶりに動かしたがWindows、インターフェースは最悪なままだ。余計なお世話が大杉。これでもいらないプレインストールが無いはずなのに。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。