Skip to content

みんなMBKの4階に行ってみれば目が覚めるよ

5月 5, 2007
by

今朝の毎日新聞で日本の携帯電話事情に関する記事があって、いわゆる0円とか1円携帯の裏事情が簡単にまとめられていた。
我が国では携帯電話の中古品市場というものが全く無く、3G以上のGSM内蔵携帯電話の中古品がタイや香港とか深圳に流れているということを知っているヒトってどのくらいいるんだろう?
我が国が2G時代にタイでGSMシステムを知った時は感動した。電話が気に入らなければ新しいのを買って、SIMを入れれば良い。古いのは売ってしまえば良い。ということ。日本の当時の電話はROMに焼いてあるから機種変=古いのを捨てる、即ちかなり面倒な上に業者にマージンが入る仕組みになっていた(今でもか?)。
SIMロックって言葉が海外旅行板とか危ない海外板で良く出てくるようになったのがvoda時代のモトローラV66のGSMのアンロックから始まったんだろうと思うけれど、あのときのV66はロックされているものが3,000円程度で購入でき、MBKに持って行けば1000円程度でロックを外すことが出来た。そしてそのロックが外れたV66がおよそ10000円で転売されていた(2000年頃)。私のカウンターパートはいまでもV66を愛用している。
3Gになって、V802SEは発売後半年くらいで、新規なら1円程度で購入でき、MBKで1500円位でアンロックできて、アンロックされたブツが20000円位で転売されていた(2002年頃)。今でもたまにこの機種はMBKで売っているのを見かける(去年で15000円くらい)。
一時期は日本で大量に仕入れ、むこうでSIMロックを外してという組織的な噂も良く耳にしたし(例のBBSは閉じたままになってしまった)。
X01HTだって去年の11月の末には既に向こうで噂を店のヒトから聞いたくらいで、「日本から持って来たら買い取るよ」と言われたもの。sbmが3万円くらいで売ってたけどTyTNは10万円だしね。

そもそも、こんなことが出来るのは、日本で0円とか1円なんてバカな値段で売り出し、その分真っ当なユーザーから通信料としてまき上げているからこそで、一部の悪い奴らがこうやって儲けているんだってことです。ただ、この悪事モデルは旧vodafoneくらいにしか当てはまらず、NTTdokomoなんてところはauやsbmのように0円や1円なんぞというアホなビジネスモデルに頼ることもほとんど無く高い通信料をユーザーに負担させているんだよってことをそろそろみんな知るべきでしょう。

でも私から見ると一番つまらんキャリアってauだと思う。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。