Skip to content

仕事カメラ

10月 19, 2007
by

半月前ほどのこと、お師匠さんが昔撮った鳥やらの写真の一部(と言っても大量)を持って来られた。全てポジとネガ、プリントである。
ポジもコダクローム以外のエクタとかフジクロームは全て退色してしまっている。プリントもコンディションの良いものは別だけど、サービスサイズのものはほぼ全滅。もちろんフィルムをスキャンすれば補正でリカバーは可能な範囲。そして、これらの写真を利用することは即ちスキャンしてということを意味している。

ここで考え込んでしまった。私の仕事の写真は全て銀塩で撮っている。いつか私も誰かに自分の撮ってきた写真を引き継ぐんだろうな。そのとき同じことを思わせてしまうんだろうか。

今年の調査は隊長が行けなくなってしまい、言ってみれば全ての記録は私が撮ることになる(記録だけじゃないんだけどね。サンプリングから全部さ)。F-1重いよ。そして、視度調整レンズを入れて入るけど、だんだん目が不安。露出も早々外さないけれど、やっぱり不安。

で、思い切って仕事カメラを交代することにした。考えた時はとりあえず銀塩のAF機(EOS1v)にしようかとも思ったのだけれど、前述した通りお師匠さんの写真のことがあってデジタルにした。
で、それが昨日届いたわけで。

仕事カメラはこれからEOS 40Dとなった。
良い点。軽い。でもまだ使い勝手が正直言ってわからない。悪い点。シャッターを切る音。
来週の国内出張で使い込んで慣れておかないと。
Technorati Tags:

広告
2件のコメント leave one →
  1. 10月 20, 2007 12:21 pm

    カメラは趣味だけでなく仕事においても大事なスキルなんですね。納得。

    うちもデジタル一眼考えていて今のところcanonとolympusが候補です。また使用感等教えてくださいね。

  2. 10月 20, 2007 3:05 pm

    趣味が高じて仕事にというヒトは多いですが、我々の場合仕事が高じて趣味になるパターンですかね。必要に迫られて始めて深みにハマってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。