Skip to content

LeopardでSafari3のRSSをなんとかする

12月 21, 2007
by

ページ “feed://*************/rss.xml” を開けませんでした。 エラー:操作を完了できませんでした。(PubSub エラー 203)(PubSub:203)。

何をしたかとかの情報をAppleに送信しろと出てくる。通常のページの表示は何等問題は無いけれど、これでは不便きわまりないわけで、何か手は無いかと思って探してみました。

Apple Support Discussions – Leopard Safari3.0.4のRSSリーダーが機能しないSafariでRSSページが表示されない
あたりを参考にしながら、

Safariを終了させた状態で、
下をデスクトップへ、
/Users/ユーザ名/Library/Safari/Bookmarks.plist
下をゴミ箱へ移動後、
/Users/ユーザ名/Library/Preferences/com.apple.Safari.RSS.plist
/Users/ユーザ名/Library/Safari/History.plist
/Users/ユーザ名/Library/Safari/HistoryIndex.sk
/Users/ユーザ名/Library/Safari/LastSession.plist

Safariを再起動後、Safariを終了させ、Bookmarks.plistだけ元に戻す。

とか、

アクティビティモニタでPubSubAgentを強制終了させれば復活します。

PubSub:203のエラーが表示される原因は、特定のRSSフィードを読み込む際にRSSを管理しているPubSubAgentがフリーズして、そのまま終了しないからです。

まず、Safariを(Mail.appが起動している場合はそちらも)終了させて、/Users/ユーザ名/Library/PubSub/をディレクトリ(フォルダ)ごとゴミ箱に移動して、PubSubAgentを強制終了します。

とかやって、最後に、

ブックマークのRSSを全て表示し、上から1つずつ手動でチェックを試して下さい。
そしてエラーが出たら、裏でPubSubAgentがハングしてるので、
ターミナルを開いて以下の通り入力します。
killall PubSubAgent
そうするとまたPubSubAgentが動くようになるので、またRSSの手動チェックをします。
エラーが出続けるRSSはブックマークから削除しちゃいましょう。
あとはこれをエラーが出なくなるまで繰り返します。

と言った感じに実行して、何とか使えるようになったみたいです。
なんとかエラーを出さずに表示できるようになりました。

で、今帰宅してから再びこの件について探していたら、
JAM LOG : Leopard覚え書き(その1):Safari 3のRSSの不具合
というのを見つけました。これに解決法が全てまとまっておりました。

M$程酷いわけではないですが、Appleもね、も少し丁寧にリリースしてほしいものです。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。