Skip to content

Wubi 4 GPSを繋ぐ

1月 19, 2008
by

EeePCの利用目的のひとつでもあるGPSのログの取得についても試してみました。

OSXのGPSBabel+のようなGUIフロントエンドは無くてもGPSBabel自体はあるだろうと思っていたので、それについてはそれほど不安はありませんでした。
早速SynapticパッケージマネージャでGPSBabelを検索してみるとバージョン1.3.3-2があったのでそのままインストールしました。最新のソースからビルドしても良いんですけど少しばかり横着をして。

アプリケーションはともかくGarminGPSMap60Cを認識させるUSBドライバーはどうなんだろう?と思い、検索してみたところ、むかろぐ: GARMIN GPS VのデータをLinuxにとりこむを発見。それによると、

まずは物理的な接続から。GARMIN純正のPC用データケーブルと、USBシリアル変換ケーブル(U232-P9)を入手する。GPS Vのデータ端子にケーブルをつなぎ、U232-P9を介してUSB接続する。誰でもできる。

つぎは機器の認識だ。カーネルの再構築をする。カーネルソースのディレクトリで make menuconfigを実行し、USB Garmin GPS driverとUSB MCT Single Port Serial driverをモジュールとして組込む(標準的なUSBサポートはなされていることを前提とする)。

とあって、またあのRS232C変換アダプタかって思って憂鬱になりかけたのですが、USB Garmin GPS driverというくらいだから60CであればUSBのみでいくのではないかと思い、とりあえずカーネルは触らないでなんとかしようと再度探してみながら、実際に繋いでみました。
ふと60Cを見ると接続成立のアイコンが出ています。
アレっと思って/var/log/messagesをcatで見てみると、

Jan 19 17:52:27 laptop kernel: [ 91.694476] NET: Registered protocol family 17
Jan 19 17:52:34 laptop dhcdbd: message_handler: message handler not found under /com/redhat/dhcp/wlan0 for sub-path wlan0.dbus.get.host_name
Jan 19 17:52:34 laptop dhcdbd: message_handler: message handler not found under /com/redhat/dhcp/wlan0 for sub-path wlan0.dbus.get.domain_name
Jan 19 17:52:34 laptop dhcdbd: message_handler: message handler not found under /com/redhat/dhcp/wlan0 for sub-path wlan0.dbus.get.nis_domain
Jan 19 17:52:34 laptop dhcdbd: message_handler: message handler not found under /com/redhat/dhcp/wlan0 for sub-path wlan0.dbus.get.nis_servers
Jan 19 17:52:36 laptop kernel: [ 97.767757] NET: Registered protocol family 10
Jan 19 17:52:36 laptop kernel: [ 97.767944] lo: Disabled Privacy Extensions
Jan 19 17:52:36 laptop kernel: [ 97.768470] ADDRCONF(NETDEV_UP): eth0: link is not ready
Jan 19 17:53:02 laptop kernel: [ 112.830760] usb 4-1: new full speed USB device using ohci_hcd and address 2
Jan 19 17:53:02 laptop kernel: [ 112.941283] usb 4-1: configuration #1 chosen from 1 choice
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.070436] usbcore: registered new interface driver usbserial
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.070457] /build/buildd/linux-source-2.6.22-2.6.22/drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial support registered for generic
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.070485] usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.070488] /build/buildd/linux-source-2.6.22-2.6.22/drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial Driver core
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.077000] /build/buildd/linux-source-2.6.22-2.6.22/drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial support registered for Garmin GPS usb/tty
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.077377] garmin_gps 4-1:1.0: Garmin GPS usb/tty converter detected
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.077800] usb 4-1: Garmin GPS usb/tty converter now attached to ttyUSB0
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.078079] usbcore: registered new interface driver garmin_gps
Jan 19 17:53:03 laptop kernel: [ 113.078084] /build/buildd/linux-source-2.6.22-2.6.22/drivers/usb/serial/garmin_gps.c: garmin gps driver v0.28

なんのことはない、既にカーネルに組み込まれていて、何もすることなく認識されておりました。
ある意味OSX(当時はPantherだった)より楽だった気がします。

ここまで来れば後はGPSBabelからデータを取り出すだけで、
以下のコマンドで取り出せます。

$ gpsbabel
GPSBabel Version 1.3.3. http://www.gpsbabel.org

Usage:
gpsbabel [options] -i INTYPE -f INFILE -o OUTTYPE -F OUTFILE
gpsbabel [options] -i INTYPE -o OUTTYPE INFILE [OUTFILE]

Converts GPS route and waypoint data from one format type to another.
The input type and filename are specified with the -i INTYPE
and -f INFILE options. The output type and filename are specified
with the -o OUTTYPE and -F OUTFILE options.
If ‘-‘ is used for INFILE or OUTFILE, stdin or stdout will be used.

In the second form of the command, INFILE and OUTFILE are the
first and second positional (non-option) arguments.

INTYPE and OUTTYPE must be one of the supported file types and
may include options valid for that file type. For example:
‘gpx’, ‘gpx,snlen=10’ and ‘ozi,snlen=10,snwhite=1’
(without the quotes) are all valid file type specifications.

Options:
-p Preferences file (gpsbabel.ini)
-s Synthesize shortnames
-r Process route information
-t Process track information
-w Process waypoint information [default]
-b Process command file (batch mode)
-c Character set for next operation
-N No smart icons on output
-x filtername Invoke filter (place between inputs and output)
-D level Set debug level [0]
-l Print GPSBabel builtin character sets and exit
-h, -? Print detailed help and exit
-V Print GPSBabel version and exit

ここまでくれば、現地で実行あるのみ。早くフォーチュンかパンティップに行きたい。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。