Skip to content

HP620LX

2月 9, 2008
tags:
by

最近激しくDSを買えとせっついてくるのに根負けしてHPの620LXを与えてみました。ソリティアをサルのようにやってます。

CR2032というバックアップ電池を交換しただけで何事も無かったように動き出しました。もちろんハードリセットがかかっているので、何もかも初期状態になっているけれど。ActiveSyncできないかと思って、
iMacG5(ActiveSync>Win2K>VirtualPC>OSX10.4.11>UC-232A>620LX)で繋いでみたのですが、認識できませんでした。

私にとっては初PDAでした。当時は10万円近い金額だったことを思い出します。
56kbpsのモデムをつけてネットに繋いだこととか。モデムセーバーが必須で、ホテルについたらすぐ電話を外して….

このHPCを持って国内出張もしたし、タイやインドネシアにも行ったもんです。隊長もすぐ買いましたね。

それが今や子どものおもちゃ…..

広告
6件のコメント leave one →
  1. nicole permalink
    2月 10, 2008 12:52 pm

    お久しぶりです、これは奇遇。 ウチにもいますよHP620LX。 この後からHPxxxLXという名称ではなくJornadaになってしまいましたが200LXから歴代がいます・・・
    CUIベースですがNetBSDが動くと言うことで引退した620LXをグチグチいじってたのがついこの間のよう(笑

    ノートPCのバッテリーは数年でお亡くなりになるのに、なぜかPDAのリチウムイオンって数年放って置いても50%以上の性能を維持していたりするので侮れませんね。
    私はまだ独り身な上に、周囲にPDAを使うような人がいないので、譲渡するでもなく衣装ケースの中に袋に入れて山積みですが。

    そうそう、EeePC日本語版を買いました。 最初こそgOSとかUbuntu入れて偽OSXを満喫してましたが、Macしか持ってない私の事情から「Windows機を持ってくれ!」といわれまして、SSDのXPとSDに入れたSlaxという感じになっています。 トホホ。。

  2. 2月 10, 2008 11:17 pm

    nicoleさん>
    200LXは当時欲しかったんですよね。

    この620LXもDebianが入るというのを聞いていたので、そっちも考えたのですが、結局DSの代わりに….

    そして今日、兄妹喧嘩を納めるためにiPAQ hw6515まで子どもたちに放出してしまいました。

    小4程度でも考えるもので、(用途も分からないのに)エクセルも立ち上げておいて、人が来たらソリティアからタスクを切り替えるなどという悪知恵が働くみたいで、端から見ていて面白いものです。

    >私はまだ独り身な上に、周囲にPDAを使うような人がいないので、譲渡する>でもなく衣装ケースの中に袋に入れて山積みですが。
    私も今までずっと引出しでした。
    PDAを手放すのって、何となく忍びないんですよね。

    来週はMacBookAirが届くでしょうし、
    EeePCは再来週バンコクで買って来ようと思っております。年が明けてからずっと待たされっぱなしだったので、やっとって感じですね。

  3. nicole permalink
    2月 11, 2008 12:52 am

    はじめて「自分専用」として与えられたのが英語版のHP200LXと日本語キット(自分で入れろ!)という奇妙な人生を送っているnicoleです、こんばんわ。 きっとあの頃から踏み外しはじめていたんだろうなぁ・・・

    WinCE機ってリソースが限られていて「狭い」と世間的には言われるみたいですけど、(行き詰まったらフルリセットがアリなので)その狭さをどう活用するかとか、ファイルの整理や構造といったPCのお作法などを学ぶには最適化もしれませんね。 データベースで住所録が作れるよとか、エクセルで計算が出来るよとか・・・いやはや末恐ろしいお子様達になりそうです!

    EeePCとMBAirのコンボ・・・すごく忙しいことになりそうです^^;
    ところでEeePCのお色はどうされますか? 黒しか売ってなくて妥協してしまったのですが、やっぱり白にしとけばよかったーと苦悶中です。 ThinkPadのようなザラザラ加工なのでシールとか貼ってもすぐ浮き上がってきてしまうのも悩ましい・・・

  4. nicole permalink
    2月 11, 2008 1:22 am

    ああ、お節介かとは思うのですが忘れるところでした

    HP620LXはたしかシリアル接続だったと思うのですが、G5のVPCでのシリアルポートの扱いはどうなさっていますか? ケーブルはUC-232Aと書かれているのでシリアル〜USBケーブルのようですが。
    レガシーフリーな世代にリリースされたCE機ではシリアル端子〜USBなケーブルを持っているものもありますが、CE2.0世代ではシリアル〜USBケーブルを使うドライバが不足していてNGだったと思うので・・・USBを介していると「CE〜USBポート間(ドライバ不足?)」か「USBポート〜VPC間(VPCがUSBをシリアルポートとみなしていないため発見不能?)」なトラブルを起こしている可能性があると思います。
    ホスト側からSync出来ないときはCE機側からPCリモートを立ち上げて同期メッセージを送り出してみると発見できることもあるみたいですが(丸形シリアルを持つMacではそれでうまくいった記憶があります)。

    一度でもシンクロ関係が築ければVPCにIPアドレスを割り当てればTCP/IPでのActiveSyncもできるんですけどね。

    この時期のWinCEのソフトはサイト閉鎖とかで入手が難しくなっていますが(620はレアなSH3搭載機なのが更に厳しくしています)、多くのプログラムはCE上で動く自己解凍インストーラー(.CAB)で配布されていたので、意外とActiveSyncナシでも十分に今でも通用できますよ、うちは取っ手付きiBookになってからActiveSyncを諦めてそんな使い方してました^^;

  5. 2月 11, 2008 6:36 pm

    >いやはや末恐ろしいお子様達になりそうです!
    となればしめたものかもって思って渡したんです。DSやプレステの方がむしろ拡張性も高いのかもですが、計算機を計算機として使えるようになってくれた方がって思って。でもどうなんでしょうね。今のところは無接続状態でもOutlookやIE、何でも開いてみてはあーでもないこーでもないってやってますけど。
    そのうち飽きるでしょう。それでもいつか本当に触る機会があったときに思い出せば良いかもって。

    >HP620LXはたしかシリアル接続だったと思うのですが
    仰る通りです。iMacG5にはシリアルはないですしね。
    GarminのGPSをMacで扱う場合、最近まではUSBでできなくてシリアル-USB変換アダプタで認識させていました。VirtualPCでそのアダプタ(UC-232A)を認識させてMapSource, GPSBabel、カシミールを使っていたので、何の根拠もなく、ひょっとして認識してくれてActiveSyncが動けば儲けもんくらいの気分で繋いでみたんですが、やはり無理でした。
    もしSyncできれば何かアプリを入れてやろうかと思ったんですよ。
    あ、でも今日PCMCIAのRAMカードを発見したので、CEのアプリ(SH3はほんとに少ないですね。ARMとはエラい違い)を探してみようかなんて思ってます。

    それと、EeePCですが、私は白ネライです。何となくiBookの雰囲気があるところが良さげで。

  6. nicole permalink
    2月 11, 2008 8:22 pm

    > 計算機を計算機として使えるようになってくれた方が
    「計算機」、いい響きですね。 GUIがあってWordやExcelも使えるWinCEを「計算機」として考えれば、先人の皆様方には贅沢すぎるとお叱りを受けそうなぐらいです(私の大学時代の恩師がよく愚痴のように言っていましたよ「君達は贅沢なものを持っているんだから使いこなせ」と^^;)

    私が甥っ子(小5)にCassiopeia A-51を貸してあげたときはExcelでポケモン辞典を自作していましたが、攻略本を買ってきてからは飽きてしまったようです(笑

    > SH3アプリ
    思い出したようにNASを掘ってみましたが、当時はノートテイクと関数電卓に使っていたので辞書とかエディタとか路線案内みたいなお堅いアプリしかありませんでした。
    当時はお世話になっていたTascal Softさんも容量の関係でH/PCアプリは削除されているようで、他もJorunadaやSigmarion等のMIPS機向けに比べるとほとんど現存しなさそうです・・・残念。

    > 白いEeePC
    白は日本国内どこでも品薄なようですよ。 やっぱり白ですね! ああ、白にしておけばよかった・・・Palm Z22と並べたときも白の方が良さそうです。

    台湾や米国では2GBのSSDと多少のスペックダウンをしたパステルカラーモデルもでているようですが、バンコクのマーケットではどのようなラインナップなのでしょう?

    日本国内モデルは49800Yenですが、日本ASUSからオマケとして4GBのA-DATA製SDHCカードと500円ぐらいのマウスが同梱されてきます。 XP HomeはNortonGhostイメージなので他に転用はできない感じですが、巷で言われているほどXPを入れたから高くなったという訳ではなさそうです。

    日本モデルには「内蔵されてる512MBのメモリに差し戻して修理に出す限りはメーカー保障は継続」という特典があるようですが、これもバンコク市場ではどうなのでしょうね。 確認なさってみるといいかもしれません。

    もうご存じかもしれませんが、EeePCはSSD上にEFIブート領域を持っていて、IntelMacでOptionキーを押してブート領域を選択するように、起動ロゴ時にESCキーを押すとブートデバイスが選択できます。
    SDカードスロットもドライブとして認識できるので、SDHCカードにSyslinux入れておけばそこから立ち上がってきます(あ、GRUB試してないや)。 いろいろ入れて試せそうな気配がしませんか!(くすぐり中
    光学ドライブも一般的な5インチベイ用のものにIDE〜USBケーブルを挟んだモノを指して認識できますので、追加投資は最小に抑えられるかもしれませんよ(しかしEFIのレベルではLAN先の共有ドライブはさすがに見えません)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。