Skip to content

handle garmin map data on mac osx

10月 30, 2008
by

電気に弱い隊長のおかげでずいぶん進展してしまったわけですが….
MapSourceのデータをOSXのGarmin RoadTripで展開したり、GarminのGPSデバイスに転送したりする、ってのが今回の主題です。

  1. MapSource(例えばGarmin WorldMap)のCD-ROMをWindows上でインストール。
  2. このインストールはCrossOverやDarwineとかのWine系エミュレータではなく、VirtualBox、VMWareFusion、ParallelsやVirtualPCのようなエミュレータ或はBootCampのWindows上で行います。

  3. 必要であればMapSourceでUnlockします。
  4. MapConverter for Windows software version 2.0.1.0でデータを圧縮形式で変換します(tgz形式になります。アプリでもrecommendedになってますが、この方が絶対良いです)。
  5. 圧縮されたデータをOSXに持ってきて、展開します。
  6. MapManagerを起動して展開された地図データをインストールします。

  7. インストールされたデータはRoadTripで読むことができます。
    RoadTrip標準のUS BaseMap v2

    WorldMap v4

    JapanRoadNavi 25000 v2

広告
2件のコメント leave one →
  1. 隊長 permalink
    10月 31, 2008 12:45 am

    何事も過程が重要である。結果は自ずとついてくる。また今日も勉強させてもらった。日々自己嫌悪と忘却,これが生きる糧,男子の本懐である。

  2. 10月 31, 2008 10:49 am

    さすが隊長

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。