Skip to content

オープンソースな地図をMapSourceに展開する

11月 3, 2008
tags:
by

 Garminがリリースしている地図はもちろん良いのですが、如何せん最近のそれはSDで供給されていて私のGPSMap60Cでは手も足も出ません。高いし。
そこで、MapCenterに置かれているオープンな地図を使ってみたいということで、色々試してみています。ここに登録されている地図は即GPSに送ることができるようなimg形式のバイナリファイル、もしくはPolishフォーマットと呼ばれるmp形式ファイルの二種類があるわけですが、Polishであれば自分で組み合わせてimgファイルを作る必要があります。この部分については国土地理院の地図を例にとった情報が日本語でたくさんあります。私自身も過去に何度か試しています。
 私がやりたいのは、その作った地図をMapSource、できることならRoadTripで表示させ、現場で拾ってきたWayPointやTrackを載せたいということです。しかしこの部分についての情報はどちらかと言えば少ないのが現状です。
 どうやらcGPSmapperにその機能があるようなのですが、なかなか大変。まず見つけたのがアベル父さんという方の自作マップってどうよ?です。ここを参考にしながらエミュなWindows上であれこれやりながら、やっぱりエミュなWindowsではちょっとね。しかもCUIだしって思ったり。
こんなのをGUIでできるのは無いの?ってさらに探してみたら、cypherman1 – MapSetToolKit page (font-end for cgpsmapper)を発見しちゃいました。
早速試すことに。
まず材料。今からimg作ってでは大変なのでバイナリで公開されているID: 66000001を利用しました。
以下は全てVirtualBox上のWindowsXP(英語版, SP3)で実行してます。

  1. このimgファイルをC:¥Garmin¥Thaiに置きます。
  2. GUIフロントエンドであるMapsetToolkit v1.40 betaを起動します。
  3. CGPSmapperのある場所を指定。
  4. Select IMG filesで材料となるデータの場所(この例ではc:¥garmin¥thai)を指定。その後、Add__>で右側の窓に送ります。
  5. 8桁の数字でないとcgpsmapperが認識できないので注意。もしimgファイルの名前が8桁の数字以外であれば必ず名前を付け直す。

  6. Mapset directory:にはimgファイルを置いた場所を指定。
  7. Mapset name:にはフォルダ名を入れますた。
  8. Product Code:には4桁の数字を入れます。
  9. ここは重複すると面倒なのでよく確認すること。過去に登録されたものはMapset Installedの欄に出てくる。

  10. Optionsのところで、Install Mapsource:のチェックを入れておけば、そうなります。
  11. STARTボタンを押すと、DOS窓が立ち上がってきます。
  12. 終了したら知らせてくれますが、それほど時間はかかりませんでした。

  13. MapSourceで確認します。

これが入力したたパラメータ。

出来上がった地図をMapSourceで表示するとこんな具合。

さらに、MapConverterでも認識しているので
圧縮tgz形式で変換し、OSX側に持ってきて、
MapManagerでインストール。
RoadTripで表示させると、このとおり。

今回は出来合いの地図ファイルを使ったのですが、ソースからきちんと作ってやれば完璧なものができそうです。

広告
17件のコメント leave one →
  1. 隊長 permalink
    11月 3, 2008 4:19 am

    うす。できたのか。。できなかったのか?出張から帰ったら,頼む。ご苦労様。

  2. 11月 3, 2008 9:41 am

    つまり、できたってことですよ。
    昨日申し上げた内容については完璧です。

  3. 3月 18, 2009 8:06 pm

    先日購入したGPSMAP60CSx地図なし英語版で、早速この記事を見ながらThai地図を転送してみました。 ご指示の通りcGSMapperで変換して、MapSourseを立ち上げ地図画面で確認できました。 早速Map60CSxを接続し、見事地図画面でThai地図が表示できました。
     そこまではよかったのですが、これに気を良くして今度は東南アジア全体の地図データをダウンロードし、別のメモリーに転送することにしたのです。
    ところが前と同じ手順を踏んで変換したつもりだったのに、cGSmapperの入力後startさせると、15個ほどのimgファイルが画面に表示されたあと、目まぐるしく表示が変わり、ついに”Runtime Error! requested the Runtime to terminate it in an usual way”のエラー表示が出て止まってしまいました。
    そして今度はMapSourseも正常に立ち上がらなくなってしまったので、やむなMapSourseを再インストールしたのですが、そのインストール画面にもエラー表示が出て、何度試みてもインストールできません。 dllかなにか大切なファイルが消えてしまったのでしょうか、こうなると私にはさっぱり分かりません。

     お手上げ状態で仕方なく購入先のいいよねっとのサポートを頼りに質問しましたが、フリーソフトや非正規品によるトラブルには、対応できませんとの冷たい返事でした。
    原因も対処法も分からず困っております。 もしこのような症状にお気付きの点がありましたら、教えていただきたくお願いする次第です。 どうぞよろしく。

  4. 3月 18, 2009 9:27 pm

    エラーメッセージ”Runtime Error! requested the Runtime to terminate it in an usual way”についてですが、http://support.microsoft.com/kb/884538/jaという情報もあるようです。参考にしてみてください。
    それと、MapSourceの再インストール時に表示されるエラーメッセージを教えてください。何かヒントがあるかもしれません。解決できないときはまたお知らせください。

    ところで、
    私自身はMac Userなので、Windowsに関してはエミュレータ上で動かしています。不具合があったらそのまま環境を捨ててやり直してしまっております。フリーウェア等リスクが予想されるアプリを動かすときはむしろエミュレータを使うと安心です。Windows上でもVirtualPCという純正エミュレータがありますし、今後はそういった環境を試してみてはいかがでしょう。

  5. 3月 19, 2009 7:06 pm

    早速助け舟を頂き、先ず初めてのVirtualPCに取り組んでみました。 今稼動中のwindoesXP Profesionalにvertial WindowsXPをインストールしたところ、プロダクトキーの再入力で登録ができない。 Microsoftのサポートに聞くと、同じマシンに入れても二台のマシンと同じだから別途購入してくださいとのつれないお言葉でした。
    やむなく登録は後日として今のところ動いているvirtualXPにMapSourceをインストールしてみました。
     ご指摘通りMapSourceは問題なくインストールでき、画面も立ち上がり、そこまではよかったんですが、喜び勇んでMap60CSxをUSBケーブルで接続、地図データのダウンロードを試みると、Deviceが見つからないとの表示が出てくるばかり、やはり何か転送系のインターフェイスに問題があるようです。
     こうなったら矢張りWindowsXPを再インストールし、新しい環境を構築しなおした上でMapSourceをインストールするしかないのかなとも考えていますが、初期のXPなので、またぞろSP3まで再導入したりを考えるとそれも相当気が重いのです。
     なお、MapSourceのインストールの際表示されるエラーメッセージは以下の文言です。

      There is a problem with the MapSource installation.
    Please re-install MapSource and start it again.

  6. 3月 19, 2009 7:50 pm

    VirtualPCでのUSBの設定はわかり難いですね。
    起動した(VirtualPC上の)XPをアクティブにしてGPSを接続すれば認識できると思います。ただし、GarminのGPSを認識させるには、それ用のドライバが必要だった記憶があります。
    もし、それでうまく行かなくてもVirtualPC上でUSBデバイスのキャプチャをすることによってゲストPCで有効化できるはずです。VIrtualPCのXPを起動する前にGPSを接続し、それをVitrualPCで取り込めば良かったと思います。

    XPについてはアクティベーションが必要ですね。なので、もしお持ちであればWindows2000かWindows98あたりをゲストPCとしてインストールされた方が便利かもしれません。このあたりの制約がMicrosoftのOSやアプリは多いのが難点です。(その点Mac OSXは良いですよ)

    エラーメッセージに関しては、やはりWindowsそのものが壊れたことが原因なようです。MapSourceに限らず他のアプリケーションにも影響がある可能性が高いかと思われますので、やはり再構築をお奨めします。

  7. Hisahiro Sakamatsu permalink
    3月 24, 2009 9:04 pm

     最近大容量のハードディスクが安く売られているので、この際システムごと新しくしてみようと思い、早速1テラバイトの日立製を購入、今までのハードディスクから丸ごとイメージコピーをしました。
    作動を確かめた上、かねて作成しておいたWindowsXP+SP3組み込みディスクから上書きインストールを敢行、新しいシステムにMapSourceをインストールしなおしました。
    当然ですが、問題なく立ち上がって画面を確認できました。
     一応当初の問題はこれで解決となったのですが、原因があやふやのままで済ませるのもちょっとしゃくなので、最初のディスクはそのまま保存し、せっかく教えて頂いVirtualPCなどで、いろいろいじってやろうと思っています。
     それにしても、記事に出ていたThaiのデータではうまくいったのに、同じ方法で同じサイトからダウンロードした東南アジアのデータでは転送できず、システムまでおかしくなってしまうのはなぜでしょうか。
    また同じ結果になってしまうのも怖いので、もう一度試すのをためらっています。
     私は以前二週間ほど滞在したマレーシアが気に入ってしまい、今度は長期滞在したいなんて考えているので、そちらの方面の地図データがあればと考えています。
    あの東南アジアの地図データは、Thaiの地図データとは処理方法が違うのでしょうか。
    お気付きの点など、また教えていただければ幸いです。

  8. 3月 25, 2009 12:05 pm

    その地図データのurlを教えて下さい。私も試してみたいと思います。

  9. Hisahiro Sakamatsu permalink
    3月 27, 2009 10:52 am

     わからないことばかりでお恥ずかしい限りですが、そもそも私のGPSは英語版で地図無しときているので、取り敢えず日本の互換地図を入れておりました。
    そんな時Rayさんのサイトを見つけ、早速指示通りThayのデータを変換して見事セットアップすることができました。  そこで今度はマレーシアも欲しくなりそのMapCenterを探してみると、マレーシアは適当なものが見当たりませんでした。
    そこに東南アジア全域を網羅した’Asia’があったので、つい欲を出してその32MB
    のバイナリーデータをダウンロードし、Thaiと同じ手順で変換処理した次第です。
    このデータは幾つかの地域に区分されて複雑だし、データも大きいので心配だったのですが、ご報告の通りになってしまいました。 urlは以下の通りです。
     http://mapcenter2.cgpsmapper.com/mapsetview.php?id=317

  10. 3月 27, 2009 5:18 pm

    データをダウンロードしました。時間を見つけて試してみます。
    ただ、明日から出張のため遅くなるかもしれませんが、あしからず、ご理解のほどお願いします。

  11. 4月 1, 2009 3:26 pm

    試しにお示しいただいた地図のimgファイルを変換してみましたが、結果はやはり失敗でした。
    以下、cGPSmapperの出力の一部ですが、途中でterminateされてしまいます。
    Importing and preprocessing data
    Current import datum is: W84 :WGS 84 Global Definition II

    Asia.mp(1672) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(10831) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(15013) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(17179) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(19666) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(22981) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(39802) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(78517) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Asia.mp(80380) : Warning W008: Element spans more than 10 degrees!
    Codepage set to: 1252
    String coding: 8 bits
    POI info sorting
    Layer >>>>>>0<<<<<16
    100%
    Processed –>16
    100%
    Successfully imported: 16 not imported: 0
    **** END ****
    ****lines ****
    Elements to process –>13355
    15 %

    恐らく、imgファイルそのものに問題があるような気がします。
    今夜にでもまた調べてみます。

  12. 4月 1, 2009 3:31 pm

    それと、もう一点。
    マレーシアの地図データですが、Malsingmaps.com – GPS Portal of Malaysia and Singaporeというところもあるようです。地図については登録すれば落とせそうです。ぜひ試してみて下さい。

  13. HISA・・・・・ permalink
    4月 1, 2009 7:34 pm

     Rayさん、お忙しいのにいろいろお世話になります。
    私と同じ結果と聞いて残念ではありますが、なんだかほっとした気持ちでもあります。
    変換の仕組みについてはさっぱり分かりませんが、途中までうまくいっていても、なんらかの不都合でMapSourceとのデータのやりとりに失敗するのでしょうか。
    もう一度別の手頃なデータで試してやりたいのですが、私のVirtualPC上ではMapSourceがなぜかMap60CSxと接続できずDeviceerrourとなるのです。
     MalsingMapsを開いては見たのですが、横文字のコメントばかりで地図データらしきものを見つけることができませんでした。
    でも、捜せば結構いろんなサイトがあるんですね。 もうすこし勉強しながら捜してみようと思っています。

  14. 4月 3, 2009 2:50 pm

    cGPSMapperでの変換失敗ですが、バイナリではなく、ソースから行くと大丈夫かもしれません。ただ、あれだけの膨大なサイズだけにやはり大変だろうと思われます。いずれにせよ、オープンソースとして公開されているものですので、製品のようにすべてがウマくいくわけではないかと。これで満足いくものが手に入ったらガーミンも商売上がったりですからね。

    MapsourceとGPSMap60の接続については、VirtualPC for MacはUSBを認識できたのですが、Windows版は無理なようでした。すみません。
    他にVMWare Playerというのがあるのですが、こちらはゲストPCからUSBを認識できるようです。

    マレーシアの地図の件ですが、一度試してみますので、しばらくお待ちを。

  15. HISA・・・・・ permalink
    4月 3, 2009 10:15 pm

    マレーシアは、初めて行ってすっかり気に入った国ですから、是非Garmin用の地図が欲しいところです。
    VMwareは、一度構築に失敗してそれきりあきらめていたのですが、再挑戦してみます。

  16. 4月 4, 2009 8:26 am

    マレーシア地図の件,一度試しにやってみました。新しい記事で出していますのでそちらを参照ください。
    Lock版の地図はやはりそのままでは無理でしたが,Free版の方を次は試してみようと思います。

  17. 4月 5, 2014 9:42 pm

    I enjoy reading through a post that can make people think.
    Also, many thanks for allowing me to comment!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。