Skip to content

doesn’t flow

1月 7, 2010
tags:
by

普段使いの筆記具Pelikan LEVEL L65なのですが、赤インクを入れた一本が書けなくなってしまいました。通常万年筆はインクのフローが悪くなった場合、水とかぬるま湯で洗ってやれば復活します。モノによってはニブを外して洗うことだって可能です。ところが、このL65は構造の特性上分解ができません。ニッチモサッチもいかないとはまさにこのことです。
とりあえず、水に浸けてみることに。

固着したインクが溶出されてくるかと思えば、さにあらず。
リザーバータンクをよく観るとマリモのような物体が見えています。
LEVEL用に移し替えたインクタンクをひっくり返してみたらこの調子。

LEVELが悪いというよりも、赤インクを入れた私が悪いのは間違いないのですが、復活してくれないかな…
今日は水に浸けたまま帰るとします。

勢い余ってデモンストレーターを発注してしまった…

追記:
The Fountain Pen NetworkのPelikan Level 65 pen and bottleによると、分解は可能みたい。でも難しそうです。
ソニケーターにでも入れてみようかとも思う。

更に追記:
同じフォーラムの別記事には洗浄法についても書かれています。
書かれている方法に従ってインクを抜いてみたら、メインのタンク(小さい方)にもカスがたくさん見えてきて、これは分解する以外無いってことが良くわかりました。

The pen was never designed to be taken apart for cleaning so the above procedure is at best a “Very” risky procedure. I did it since I got the pen cheap (9 USD) and was willing to experiment and bear the consequences if bad.

LEVEL L-65で赤インクはかなりハイリスクです。やはり頼んだデモンストレーターで赤インクにする事にします。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。