Skip to content

benchmark results

7月 7, 2010
by

自分の周りにあるMacについて、CINEBENCH 11.5で比べてみた結果。
MacBook Airは起動直後の冷えた状態での結果。負荷がかかって熱を持つとたちどころに結果が悪くなり、CPUは0.29ptsまで下がってしまう。実際体感速度もiMac G5の方が速い。久しぶりにiBookG4やPowerBookG4を動かしてみたけれど、今となっては遅いなと。当時はこんなものと思っていたけどね。

追記:iMac (24-inch Mid 2007)上でエミュレータであるVirtualBoxのXPでも試してみた。驚いたことに実機であるMacBook Airより好結果だった。

以下、個別の結果。

  • Mac mini (Mid 2010) OpenGL: 11.43fpd CPU: 1.49pts
  • iMac (21.5-inch, Late 2009) OpenGL: 25.21fps CPU: 1.78pts
  • iMac (24-inch Mid 2007) OpenGL: 12.18fps CPU 1.33pts
  • iMac G5 (iSight, 20′) OpenGL 測定できず 0.35
  • MacBook Air (Early 2008) OpenGL 測定できず 0.51
  • PowerBook G4 (15-inch 1.33GHz) OpenGL 測定できず CPU 0.17
  • iBook G4 (Late 2004) OpenGL 測定できず CPU 0.16
  • VirtualBox(iMac 24-inch Mid 2007, Windows XP )
  • iMac (Late 2006)* OpenGL 測定できず CPU 1.1pts
  • MacBook (13-inch, Mid 2007)* OpenGL 測定できず CPU 1.1pts

*修の持ち物

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。