Skip to content

adding GPS position and location data to photos

12月 16, 2010

帰国して隊長と話していた時に出た話題で、調査の時に撮ってきた写真にGPSのデータを埋め込みたいってのがあったので、実際にどんな具合かやってみますた。
この件は以前から考えの中にあったことはあったのですが、現場では、常にiPhoneでも撮影しているのであまり必要性を感じていなかったわけです。
用意したのはGPSPhotoLinkerというアプリで、ドネーションウェアです。
この世界、Windowsアプリが多くてMacOS用のフリーウェアは少ないのですが、探せばありました。
起動するとこんな具合。

写真は2009年のGX200とEOS40Dで撮ったものを使ってみました。
まず、その日のGPSログデータをロードします。gpx形式なら問題なくインポートできるようです。
写真ファイルをドラッグ&ドロップで読み込ませます。

右側のサムネイルから画像を選択するとデータが表示されてきます。

写真のタイムスタンプとGPSが位置を測定したデータの前後および平均が表示されるので、View on mapボタンを押して地図を確認します。
GoogleMapがブラウザで開くので確認すると何か変。場所が明らかに違います。

設定を見直すとPhoto’s Time Zoneって言う項目がUse system time zone.にチェックが入っていたのでこれを外して現地時間に変更したら、表示されているGPSデータが変わりました。

再びView on mapで確認します。

今度は完璧。自分で近いと思う方のデータを画像ファイルに埋め込みます。
プレビューで開いて、情報を見るとこの通り。

後は自動で複数のファイルを処理できれば良いわけで、まずモードをAutoにして、Linking Optionsとかはスクショの通りで。

あとはBatch save to photosで埋め込まれるはず。
再度iPhotoにドラッグ&ドロップしてやれば終了です。

2件のコメント leave one →
  1. 隊長 permalink
    12月 16, 2010 9:04 pm

    ご教示ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。