Skip to content

FreeBSD 6.2R 09 fml

古い計算機からfmlを引き継ぐ事ができればゴール

古い計算機でする事
qmailを停め、スプールの中身を吐き出させておく。
# cd /var/spool
# tar cvfz mlbackup.tgz ml

どうにかして新計算機の適当な場所へ移す

新計算機ですること
fmlを手に入れておく
# cd /usr/local/src (慣例により)
# fetch ftp://ftp.fml.org/pub/fml/stable/fml-4.0-stable-20040215.tar.gz
# tar zxvf fml-4.0-stable-20040215.tar.gz

fml管理用ユーザーを作る(UIDやGIDをいつも一緒にしておくと良いです)
# pw groupadd fml -g 1000
# pw useradd fml -u 1000 -g 1000 -s tcsh
# passwd fml

Changing local password for fml
New Password:
Retype New Password:
# cat /etc/passwd

fml:*:1000:1000:User &:/home/fml:/bin/tcsh

# mkdir /usr/local/fml
# mkdir /var/spool/ml
# chown -R fml:fml /usr/local/fml /var/spool/ml
# ls -alG /usr/local

drwxr-xr-x 2 fml fml 512 May 8 17:45 fml

# ls -alG /var/spool

drwxr-xr-x 2 fml fml 512 May 8 17:46 ml

旧計算機から持って来たtgzを/tmpあたりで展開する
# cd /tmp
# tar zxvf mlbackup.tgz

もしもUIDとGIDがfmlになってないならchownでfmlにしておく
# chown fml:fml ml

# /usr/local/src/fml-4.0-stable-20040215
# make install

—Please Define Your Fml System Configurations
Personal Use or ML-Admin-Group-Shared or fmlserv you use?
Personal, Group, Fmlserv (personal/group/fmlserv) [personal]
DOMAIN NAME [hi.mi.tsu.ac.jp]
FQDN [zettai.hi.mi.tsu.ac.jp]
EXEC FILES DIRECTORY [/usr/local/fml]
TOP LEVEL ML DIRECTORY [/var/spool/ml]
Language (Japanese or English) [Japanese]
TimeZone (TZ: e.g. +0900, -0300) [+0900]

The current configuration is saved in /usr/local/fml/.fml/system
—Install the Fml system to /usr/local/fml. (y/n) [y]

つまり全部デフォルトだ

環境の移行は
ユーザーfmlでログオンする
> cp -R /tmp/ml /var/spool/
ownerがfmlになっているか確認する

再びrootで
# /var/qmail/bin/qmail-pw2u < /etc/passwd > /var/qmail/users/assign
新旧の計算機の/var/qmail/users/assignを比較し、

+test:fml:1000:1000:/var/spool/ml/etc/qmail/alias:-:test:

とかfmlの行をコピーアンドペーストし、UIDとGIDが新計算機のそれとなるように書き換えた上で、
# /var/qmail/bin/qmail-newu

これで多分大丈夫。
もしも違うFQDNの計算機に持ってきたい時は一度全部のcfのFQDNを書き換えてconfig.phをmakeし直せばよろしい。

新しいMLを作る場合、
User fmlで
$ /usr/local/fml/makefml newml hogehoge
$ ls -alG /var/spool/ml/etc/qmail/alias

でできたかどうか確認しておく
superuserで
# /var/qmail/bin/qmail-pw2u /var/qmail/users/assign
/var/qmail/users/assignを編集しる

MLの設定は User fmlで
cd /var/spool/ml/hogehoge
/var/spool/ml/hogehoge/cfをまず編集する。FQDNとDOMAINNAMEの関係を確認しておくこと。
$ make config.ph
$ /usr/local/fml/makefml config hogehoge

MLにユーザーを追加する
$ /usr/local/fml/makefml add hogehoge takeshima@kaese.jp

MLからユーザーを切り捨てる
$ /usr/local/fml/makefml bye hogehoge iikagen@kaere.jibun.no.kuni.ni

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。