Skip to content

Eee PCでBluetooth携帯電話

注:まだ書きかけですから、不具合があるたびに修正します。

Bluetoothデバイスの設定(1) マウスでインストールしたKDE Bluetoothのアプリケーションを利用します。

マウスのときに加えて携帯電話等のペアリングについては以下のファイルも必要となります。
/etc/blueetooth/hcid.confを編集

/home/user> sudo vi /etc/blueetooth/hcid.conf
#
# HCI daemon configuration file.
#

# HCId options
options {
# Automatically initialize new devices
autoinit yes;

# Security Manager mode
# none – Security manager disabled
# auto – Use local PIN for incoming connections
# user – Always ask user for a PIN
#
security auto;

# Pairing mode
# none – Pairing disabled
# multi – Allow pairing with already paired devices
# once – Pair once and deny successive attempts
pairing multi;

# Default PIN code for incoming connections
passkey “1234”;
}

# Default settings for HCI devices
device {
# Local device name
# %d – device id
# %h – host name
name “%h-%d”;

# Local device class
class 0x3e0100;

# Default packet type
#pkt_type DH1,DM1,HV1;

# Inquiry and Page scan
iscan enable; pscan enable;

# Default link mode
# none – no specific policy
# accept – always accept incoming connections
# master – become master on incoming connections,
# deny role switch on outgoing connections
lm accept;

# Default link policy
# none – no specific policy
# rswitch – allow role switch
# hold – allow hold mode
# sniff – allow sniff mode
# park – allow park mode
lp rswitch,hold,sniff,park;
}

ここの

# Default PIN code for incoming connections
passkey “xxxx”;

passkeyは好きな4桁の数字でもいれときます。

続いて、/etc/blueetooth/rfcomm.confを編集

#
# RFCOMM configuration file.
#

rfcomm0 {
# # Automatically bind the device at startup
bind yes;
#
# # Bluetooth address of the device
device xx:xx:xx:xx:xx:xx;
#
# # RFCOMM channel for the connection
# channel 1;
#
# # Description of the connection
# comment “Example Bluetooth device”;
}

ここの

# # Bluetooth address of the device
device xx:xx:xx:xx:xx:xx;

のところに自分が接続したいデバイスのアドレスを入れておきます。
二つ目以降のデバイスは、
rfcomm0{~}部分を複製して、rfcommf1とかにして増殖させます。

  • 再起動しる
  • Kbluetoothのアプリ登録
  • 再起動後、Launch>Applications>System>Menu Editorを起動し、Ctrl+NでNew Itemを呼び出し、適当な名前(kbluetoothみたいな)を入れます。
    Commandのところに、

    kbluetooth &

    をコピペで入れ、アイコンは適当なものを入れて保存します。

    6のステップが必要かどうかは定かではないですが、これをやっておくと携帯電話とかをBT経由でブラウズしたりするときに便利だと思われます。
    もしも携帯電話等のデバイスを接続し、ファイルの送受信を行う場合にはKBluetoothを起動して各種ユーティリティーを動かせば良いはずです。


    No comments yet

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。