Skip to content

iCal, Address book

  1. iCalサービスの追加
  2. サーバ管理>設定>サービスでiCalを有効化して保存

  3. iCalサービスの設定
  4. デフォルトのままで、iCalを開始

  5. Open Directory関係
  6. 今回は触らずにおいた。

  7. クライアントの設定
  8. iCalを起動し環境設定>アカウント>追加

    CalDAV指定で、サーバのFQDN、自分のアカウントとパスワードを入れれば良い。カレンダーの更新は最初は時間指定になっているが、ログイン後はプッシュに置き換わる。

アドレスブックも同じ手順で可能。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。